なぜ酵素飲料を飲むと免疫力が高まるか

体調が健やかになるか否かは、免疫力に左右されます。その力は個人差もありますが、やはり強い方が発病率も下がります。免疫力が高い方が、インフルエンザになる確率も下がるでしょう。その力を高めようと思うなら、酵素飲料が推奨されます。

減量効果が期待できる飲料

酵素飲料にはどのような効能があるかと言うと、まず減量効果です。最近お腹の出具合が気になってきたので、それを飲む事を検討するパターンはとても多いですね。

いわゆる断食をサポートしてくれる力があるので、痩せようと思うならば、それを飲むのも一法と言えます。現にそれを飲んだ方々は、1ヶ月で数キロほど痩せられる事も多いです。

体外排出の効能

ですが酵素飲料は減量効果だけでなく、排出とも関係あります。いわゆるデトックスの効果が期待できるのです。多くの方の腹内には様々な老廃物が溜まっていますが、それを外に出してくれる訳です。

身体に対する悪影響が心配な老廃物が外に出る訳ですから、それだけ体調を改善されやすくなるのです。

腹内の栄養分があちこちに行き渡る

そして老廃物が外に出てくれる事は、栄養分の行き渡りにも関係があります。そもそも腹内に老廃物が溜まっていると、栄養分は体のあちこちに届きづらくなります。それでは体の随所は、栄養失調になってしまいます。

しかし上記の体外排出の効能により、栄養分も色々な所に届くようになるのです。最終的にそれは、体の免疫力を高めてくれるのです。

体の随所に酵素を補給する

またその飲料は、もちろん酵素と密接な関連性があります。体に対してポジティブな効果が期待できる酵素が、沢山入っているからです。そもそも免疫力は、酵素と関係があります。やはり体の随所の組織が酵素不足になってしまいますと、免疫力も低くなるのです。

しかしその飲料を摂取する事により、組織に必要な栄養分が補給されるのですね。最終的に、それで体の免疫力も高まってくれます。つまり免疫力に関しては、主に次のように言えるでしょう。

・老廃物が多いと免疫力は低くなりがち
・酵素飲料が老廃物を出して免疫力を高めてくれる
・酵素不足は免疫力を低くしてしまう
・飲料が酵素を補って免疫力を高めてくれる

免疫力アップの為に飲んでみる

結局は、酵素ドリンクは免疫力を高めてくれる効果は期待できるのです。もちろんその力が高まれば、発病率も低くなるでしょう。ですので病気になりづらい体質を作り上げたい時には、酵素飲料がおすすめですね。

肝臓を休ませてくれる力が期待できる酵素飲料

肝臓は、人間にとって重要な器官なのは明らかです。「肝」という漢字が付いている事からも分かるように、人間の生命に関わる大切な役割があるのは、間違いありません。主に解毒と代謝に関わる機能があります。それで肝臓の力を高めたいと考えるなら、酵素飲料がおすすめです。

エネルギーを蓄える力

まず肝臓はエネルギーと密接な関連性があります。人間が活動をする為にエネルギーが必要な事は、間違いないでしょう。それで肝臓に対しては、様々な栄養分が貯蓄されるのです。

タンパク質や糖類など色々な物が蓄積されますが、それを貯蔵しておく力が肝臓にはあります。それで肝臓は必要に応じて、貯蓄された物をエネルギーに変換して、生命維持の為の活動を行ってくれるのです。

様々な毒物を分解する

またその臓器には、毒物を分解する力もあります。アルコール分を分解してくれる能力は有名ですが、有害な薬物や食品添加物なども随時分解してくれる訳です。ですので肝臓が弱くなると、体内に毒物が溜まりやすくなります。

肝臓が弱くなると大変

肝臓はこのような重要な役割を果たしていますが、たまに力が弱ってしまう事もあります。肝臓が働き過ぎになると、上記の毒物やエネルギーに関連する様々な問題が生じてしまう訳です。ですので時には、肝臓に対する回復を心がける必要があります。

酵素ドリンクで肝臓を休ませる

ところで上記でも少し触れた酵素飲料ですが、それは臓器を休ませてくれる効果が期待できます。というのもその飲料は、しばしば減量の為に用いられるのです。

食物の代用飲料として服用される事が多いのですが、しばらくそれを続けるのは臓器にとって意義があります。肝臓などの臓器が、休憩してくれるからです。もちろん肝臓が休んでくれれば、上記の解毒力なども高まる訳です。

飲酒などで肝臓がお疲れだと思われる時は、酵素飲料を試すと良いでしょう。

肝臓にとって必要な酵素を補ってくれる

また肝臓が健全に動く為には、やはり酵素は必要なのです。しかし食べ過ぎなどで胃腸が活動し続けてしまいますと、肝臓にとって必要な酵素が作られづらくなってしまいます。それでは、肝臓の力も弱くなるのですね。それを補ってくれるのが、酵素飲料なのです。

飲料で肝臓をケア

以上から、酵素飲料と肝臓に関しては次のように言えます。

・食べ過ぎると肝臓も疲れてしまう
・酵素飲料ならば肝臓を休ませる事ができる
・飲料は肝臓に酵素を補給してくれる

上記でも述べたように、その臓器は非常に重要なのですから、やはりケアをしてあげる事は大切です。飲みすぎなどで臓器が疲れていると懸念されるなら、やはり酵素ドリンクがおすすめと言えます。

3日ファスティングの具体的なやり方とその効能

酵素飲料は、よく減量や健康改善の為に活用されます。その飲料を用いて断食を行うのですね。ただ断食と言っても、実は複数の種類があります。1日コースや2日コースなど様々な種類はありますが、多くの方々は3日コースを推奨しています。最初の内は酵素飲料だけを飲み、それ以降は回復食を摂取するケースが一般的です。

3日間の食事を飲料だけにする

3日コースの流れは、次のようになります。まず最初の3日間がポイントです。その期間は、原則として酵素飲料の他には何も服用しません。

つまり酵素飲料を、食事の代用にする訳です。ただし野菜ジュースなどは、例外的に問題ありません。それ以外の固形類や乳製品などは、一切飲まないスタイルになります。

3時間置きに飲むようにする

そしてその飲料を飲む時のポイントですが、原則として3時間置きにするべきです。それ以上間隔を開けてしまいますと、健康被害なども懸念されるからです。例えば昼の12時にそれを飲んだら、今度は15時に飲みます。更に18時や21時といった具合です。

4日目と5日目は胃腸に負担が少ない食事にする

こうして3日間飲み続けたら、4日目以降は食事に戻していく事になります。しかし4日目のタイミングで通常食を摂取してしまいますと、様々な健康被害が生じる可能性があります。

それは心配なので、4日目はお粥や少量のサラダなどと軽い食事にすべきでしょう。ちなみに4日目と5日目は、朝食は酵素飲料にします。

徐々に通常の食事に戻していく

それで6日目以降は、だんだんと一般的な食事に戻していくのです。取りあえず6日目はうどん等の軽い食事にし、7日目は和食などの具合です。それで8日目以降は、一般的な食事に戻す訳です。以上をまとめると、流れは以下のようになります。

・3日目までは酵素飲料と野菜ジュースだけを摂取
・3日間は3時間置きに飲む
・4日目以降は軽い食事から徐々に通常食に戻す

胃腸回復と減量の効能

このようにして3日ほど酵素ドリンクだけを摂取するやり方は、まず体調改善に関するメリットがあります。普段の食生活で疲れてしまった胃腸を回復できる効果が期待できるのです。

また3日もそれだけを飲むようにすると、だいぶ体脂肪も減少する傾向があります。良い事ずくめなのですね。人によっては毎日外食などが続いて、胃腸が疲れてしまっている事もあるでしょう。

その場合は、上記のような3日ファスティングを試してみるのも一法です。ただ繰り返しになりますが、4日目以降は要注意です。突然に通常食に戻さないよう、くれぐれも気をつけた方が良いでしょう。

酵素ドリンクと効果発揮までの期間

何かを試みるとなると、一定程度の期間投入が必要なこともあります。短期間での効果を期待するというより、長い目で見る事も必要なのです。

ですので三日坊主などでなく、できるだけ長きに渡って続けるのが望ましい訳です。ちなみに、酵素ドリンクもその1つになります。それが効果を発揮する期間目安は、だいたい2ヶ月程度です。

減量や体調改善の効能

まず上述のドリンクにはどのような効果があるかというと、大きく分ければ2つあります。まず1つ目は、減量に関する効能です。よくダイエットで飲まれる事が多いのです。

もう1つが、様々な体調変化に関わる効能です。お腹の中の老廃物を出してくれる効果は期待できますし、それ以外にも体調改善に関する効果もあります。

多少の日数は必要

それで酵素飲料は、薬剤などとは異なります。少なくとも即日で効果を発揮する飲料ではありません。薬剤などを服用した時は、即日で効果が出ることは多いでしょう。

風邪をひいた時に抗生物質を服用すれば、大抵はその日の内に症状が改善します。しかし酵素飲料は、そこまで早く効果が出る訳ではないです。やはり多少の期間投入は必要と考えて良いでしょう。

体質によって期間の長さも色々

それで飲料がどれ位の日数で力を発揮するかというと、「ケースバイケース」です。その理由の1つが個人差です。例えばAさんとBさんが、全く同じドリンクCを飲んだとします。

それでAさんの場合は1週間前後で減量効果が見られましたが、Bさんは2週間前後などの具合です。やはり体質や相性の問題はあるので、期間に関する差はどうしても生じがちです。

飲料により期間が異なる

それと効果発揮までの期間は、やはり飲料次第とも言えます。かなり速やかに効果を発揮してくれる飲料もありますし、中には1ヶ月前後が前提という飲料もあります。

商品によって効果の大きさも違う訳ですから、やはりケースバイケースですね。したがって酵素飲料の期間に関しては、次のように言えるのです。

・即日の効果発揮は難しい
・人により効果発揮までの長さも異なる
・商品によって効果の大きさも違う

2ヶ月くらいは様子見が必要

結局は酵素ドリンクがどれ位の日数で力を発揮するかは、断言するのは困難ではあります。ただ今までの事例を見る限りでは、冒頭でも述べたように2ヶ月目安です。

早ければ1ヶ月半前後で効果が発揮される事もあります。ですので飲料によるダイエット効果を見極める為には、少なくとも2ヶ月程度は様子を見るべきでしょう。

酵素飲料で空腹感が軽減されて減量が楽になる

減量を試みるなら、食事量を減少させる事は大切です。やはり食事量が多いと、体脂肪率も多くなるからです。それで食事量を減らる手段もありますが、空腹感というハードルがあるのです。そして酵素飲料は、減量を楽にしてくれる効果が期待できます。

食べなければ自然と痩せる

そもそも痩せる方法は、実は極めてシンプルです。食べなければ、体脂肪率が増加する事はありません。脂肪類は、必ず食品から作られるからです。

したがって食事量をゼロにすれば、少なくとも肥満になる確率は大幅に減少します。それゆえに極端な言い方をすれば、全く食べなければ肥満になる事はありません。

空腹感が大きなハードル

ところがいざそれを実行すると、やはり様々なハードルがあります。それが上記でも少し触れた空腹感です。空腹の感覚が軽微なレベルなら問題ありませんが、やはり大きなレベルになると大変です。

およそ耐え難いレベルになってしまえば、それだけ断食を断念したくなってしまいます。ですが途中で断念してしまえば、体脂肪率が元通りになるリスクも高まるでしょう。

空腹感を紛らわせてくれる

ところで冒頭で述べた酵素飲料には、その感覚に関する特長があります。そもそも酵素ドリンクは、少しドロドロした感覚があります。それを飲むだけで、随分と空腹感が和らげられるのです。

それを飲んだからと言って、空腹感覚がゼロになる訳ではありません。しかしだいぶ和らぐ事だけは確実です。ですので酵素飲料を服用すれば、減量が楽になる事は間違いないでしょう。

ストレス軽減の効果

また大きな空腹感が生じると、やはりストレスも大きくなってしまいます。総じてストレスは、人間の体には良い影響はありません。それが原因で、かえって体脂肪率が増えてしまう事さえあります。

しかし酵素飲料で空腹感覚を紛らわせれば、ストレスも軽減されるでしょう。必然的に、減量のハードルも低くなります。

ハードルを下げてくれる

以上を踏まえると、空腹感に関して次のように言えます。

・断食のハードルになる空腹感
・その感覚を和らげてくれる酵素飲料
・酵素飲料にはストレス軽減の効果もある
・ドリンクを飲む事で断食のハードルが下がる

つまりその飲料を摂取する方が、明らかに断食も楽になる訳です。やはり体脂肪率を減らすにしても、苦痛を伴ってしまうのは大変です。

減量の労力を軽減してくれるという理由で、痩せようと考えるならば、やはり酵素飲料を摂取するのが良いでしょう。