マカオのベスト・ポーカールーム

マカオはよく「東洋のギャンブルの都」や「東洋のラスベガス」と称されます。1人あたりGPDは14万ドルを超えるマカオ。そこには50以上のカジノがあり、ギャンブル事業によるマカオの収益は、ラスベガスの5倍にも上ります!

マカオはポーカーが有名ですが、ここでの真の王者はバカラで、収益の9割以上を占めています。ポーカーがマカオにやってきたのは2007年で、マカオでアジア ポーカーツアーが開催された年でした。

マカオでのライブ ポーカー

1962年の正式認可以来、マカオにはギャンブルの長い伝統があります。STDM社がマカオのカジノ経営を独占してきたことに言及しておくことは重要でしょう。1999年にマカオの行政権はポルトガルから中国へ返還されましたが、この出来事はマカオのギャンブル事業には影響しませんでした。

2002年に、STDM社の独占時代は終わりを告げ、マカオのカジノ経営権は国際的に対外開放されました。前に述べたとおり、今ではマカオには50以上のカジノがあり、その収益はラスベガスを超えています。

そんなマカオでのポーカーはとても豪勢。ですが通常のテーブルゲームとしては扱われていません。実はカジノが提供できるテーブルゲーム数は中国政府が規制しているんです。そして、ポーカーはブラックジャックやバカラほど収益を上げられません。

ポーカールーム

マカオのカジノ数を考えれば、ポーカーテーブルはあまりに少ないといえます。カジノ経営者はブラックジャックやルーレット、バカラなど、より稼げるゲームを選択するからです。しかし、このような状況も、PokerStarsがマカオにポーカールームを開くのを躊躇させるには至りませんでした。

PokerStarsはこれまでずっと、ポーカーゲームを提供し続け、マカオをポーカーの聖地としたほどです。

もう1つのポーカールームとして、全土で最大規模のキャッシュゲームイベントを開催するポーカー・キング・クラブについても触れておくべきでしょう。いくつかの情報によれば、ここでのバイインは最低100万ドルです。コタイに新しいカジノがオープンする予定で、そうなれば、マカオにまた新たなポーカーテーブルが誕生することになります。すごいですね!

マカオでのポーカープレイ

マカオでポーカーをプレイしたいなら、テーブルの予約をおすすめします。なぜなら、とても混雑するからです。スケジュールが多忙で、時間通りに来てプレイすることはできそうにないという場合は、最低でも数時間は待つことになります…。まるでテーマパークのアトラクションみたいですね。とはいえ、順番を待つ間にカジノをいろいろと探検することができます。ポーカーの席が空くと、たいてい誰かが声をかけてくれます。

 

どのカジノでも、金曜日と土曜日が一番混む日だということを覚えておきましょう。また、地域トーナメントが開催されている日にカジノに行くのも避けることです。いずれにせよ、一般的に、マカオでポーカーをプレイするのはかなり大変です。マカオに初めてポーカーが登場してからずっと人気です!

オンラインギャンブル規制

マカオには、スポーツくじと競馬に限定したオンライン規制があることにご注意ください。オンラインなどでその他のギャンブルを行いたい場合は、規制対象外の外国サイトにアクセスする必要があります。政府が管理しているオンラインギャンブル サイトは、ありませんが、それについては異論もあるようです。いずれにせよ、その国や地域の規制はしっかり確認して、違反にならないように安心してめいいっぱい楽しみましょう!

Liked Liked